不動産屋の仕組み 

不動産投資を行うにあたって、不動産を専門にするさまざまな不動産業者と接することがあるでしょう。不動産業とはなにをさすのでしょうか。

 

賃貸契約などでイメージしやすい不動産の売買・賃貸の仲介・代理や不動産を所有しそれを賃貸または売買する人や会社。不動産の管理をする人や会社。

集合住宅や建て売り住宅を分譲する。不動産開発を行う会社。不動産業とはこれらの業務の総称といえ、実際の不動産屋、これらのなかの一つだけを受け持つ場合から、すべてまかなう場合まで、規模や範囲はさまざまです。

不動産は市場規模が大きいです。ほとんどの人は家に住み、家を買った地えい売ったり、借りたり貸したりします。その間にさまざまな仲介業務を必要とします。家を購入する人の約8割は、 初めて家を購入するといいます。病気にたとえれば、不動産屋とは、駆け込んで来る苦しむ患者を扱っている病院ような駆け込み所だともいえます。もちろん、賃貸では何度もお世話になるというパターンもありますが、それでもたいていはその都度、引っ越し先で土地や街の状況がわからないので救いを求めてこの「病院」のお世話になることにまります。このような事情からサービス業でありながら、患者に対する症状の改善についてアドヴァイスし処方をする医者のように、買い手(客)より売り手である不動産についてのプロである不動産屋のほうが上位にある市場だということができます。くわえて、他業種に比べて、法律、制度上等で国から優遇されている傾向にあるといえます。建物の売買は、建築、建材、電気、さまざまな業種の利益とも連動して市場の活性化を促すため、国家が景気対策として法制度上でも不動産業を保護せざるをえないという事情があるからです。