売主の立場の場合

未分類

手付金の返還されるケースというものを、主に、買主の立場から考えてみました。この記事は不動産投資のスタートラインにあっている人を対象としていますから、まずは商材となる物件の入手・購入のプロセスが先に来る可能性が高いと考えたためです。しかし当然、あなたは購入した物件を、とても良い条件を提案する買主が現れるという目処を立ててできる限り早く売りに出すか、もしくは一定期間運営して家賃収入を得てから売りに出すか、いずれにせよ、いつかは売却の対象として取り扱うことがあると思います。もちろん子孫に譲渡するといった可能性もありますが、売主の立場について想像を巡らしておいて、損はないでしょう。

ローン特約に関していえば、いくら買主が誠実な人間で、安易な解約などしないだろうと思われても、人間性とローン契約には関係がありません。もちろん金融機関も、ローン申込者を信頼できるかどうかということを調べて融資をするかしないか判断するものです。とはいえ、金融機関は独自の判断基準を持っていますから、売主が買主の融資の成功を見込んだとしても、金融機関は独自の判断基準でもって、時として融資を断ります。

売主は、手付金を保険としても捉えている必要があります。買主のローン契約の成立を見込んで、手付金の返還を念頭においておくことを怠ってしまい、すでに支払われた売買代金の一部、とみなしてしまい、使い込んでしまったらどうなるでしょう。もし買主の融資申込みが拒否されたら。そしてローン特約の適用という事態になったら。売主は何も、契約に反するようなことはしていませんし、一度取り交わした契約の遂行に誠実でいました。それでも、先述した通り、これは手付金返還のケースです。売主として手付金を受け取った際は、完全に契約が履行され、引渡しも済むまで、それに手をつけないでおくのが、無難というものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です