東京オリンピックへの国からの支出(どこにどれだけのお金が投入されるか)

未分類

東京オリンピックと不動産投資に関する情報は多くはありません。
少ない情報の中ではありますが、今後予想される変化を紹介します
・日本経済の存在感が上がる

東京で開催されるオリンピックですから競技施設は当然のことな上に、それらを取り巻く
道路などの設備強化が行われます。

不動産投資の観点から見れば、道路の整備強化だけでも、具体的な地域がどこになるのかが
わかるだけでも投資すべき対象が自然と見えてきます。

東京オリンピックに国が投入する金額は数兆円と言われています。

まずダイレクトに恩恵を受ける地域は、湾岸エリアといわれる、豊洲、東雲、勝どき、月島、
そして、選手村のできる晴海、また、複数の競技施設が建設される有明エリアです。

まずこのエリアは道路の整備強化や環境改善に関して国から多額の費用が投入されますので
このエリアを押さえながら、その周辺エリアや道路だけでは無く、都心に向かって交通アクセスの
よい電車の路線を組み合わせていけば有力候補地がいくつか出てくると思います。

まずはこの有力候補地を絞り込みながら、東京オリンピックに向けて、さらに東京オリンピックの
開催後も「なぜ、このエリアが不動産投資の対象となるのか?」というロジック(論理的思考)を
組み立てていく必要があります。

ロジックを組み立てながら、現状の不動産の相場もあわせてリサーチしていくことが必要です。

さきほどあげたエリアでも特に晴海は、都心から距離的に近く、再開発の期待もあり非常に
注目を集めています。

晴海エリアが今後がらっと様変わりするのです。
まずは大江戸線勝どき駅の許容率の率増加工事、また、中央区主導で銀座と晴の聞に
路面電車が整備されます。

また、どちらかと言うと工業地帯の雰囲気が残る地域ですが、今後は横浜のみなとみらい21の
ように整然と整備された住みやすい街区が形成されるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です