不動産投資

不動産投資とは、アパートやマンションなどを購入して家賃収入を得たり、購入した物件の価値が上がったときなどに売却し、その差額で利益を得ることを目的として不動産への投資をすることです。売却利益を求めるより、分譲マンションやアパートなどの持ち主として、家賃収入で利益をあげることが主流です。それは労働をともばわない不労所得といえ、たとえば家賃収入を得ることなどは、株やFXのような投資と比べても売買の手間ひまがその都度かからず、リスクも少ないといわれています。いわゆる「大家さん」をイメージするとよいでしょう。不動産オーナー業は物件管理や入居者管理など様々な問題を解消して成立するビジネスです。入居者の募集、入居者からのトラブル、クレームの対応や、家賃の集金は管理会社に任せることができます。このように自ら不動産を購入・賃貸する場合のほか、不動産投資信託のように投資の判断や運用を専門家に依頼する方法もある。不動産投資は、地方よりも人口流動があり、東京に投資が集中する傾向があります。これまで土地というものは、値段を下げさえすれば買い手がつくという常識がありました。しかし少子高齢化により人口減少してゆく日本では、そのような常識をあらためて、新しい発想で、住まいや土地、不動産と向き合ってゆかなければばらないといえます。

不動産投資とは

不動産投資で収入を得る方法は大きく分けて、売却益と運用益の二つです。売却益は所有している不動産を値上がりしたら売ることによって得る収益。運用益は不動産を貸して家賃収入を得ることを意味します。物件や土地を売ったり、貸したりするのですから、それらの価値とその将来性を視野に入れなければなりません。バブル期には悪質な売却益を目的とした「土地ころがし」という言葉をよくききました。値が上がることを予測して土地を買い占め,地価をつり上げるために転売と買い戻しを繰り返して,最終的に高額で売却。「地上げ屋」やバックボーンに大手企業の影が存在したと云われています。しかし、現在は家賃収入など運用益を得る方法が主流といえます。投資という観点からみると、不動産投資は比較的安定が望める投資であるといえます。株、FX,、金、外貨他の投資と比べれば、金利の変動や、社会情勢の影響も受けにくく、住宅ローンによる融資、住宅購入や維持のための減税や補助金もあるためです。家賃相場は大きな変動も細かい変動が少ないといえます。家賃というものは株価が上がったり下がったりするように変化がその都度反映されて変動するものではないからです。逆に言えば、当初より投資目的で物件を購入する場合、資産と価値を有する土地や物件を所有する必要があり、その維持や将来性を視野に入れておかなければならばいのです。土地や物件を売り買いすることは、株等と比べとても手間ひまのかかることだといえます。現在の不動産投資の動機には、積極的な資産運用の側面のほか、老後や雇用への不安を背景に安定収入を得る、という安定志向の動機も増加しています。

◎不動産投資なら不動産投資ユニバーシティで無料オンライン講座が学べます。